So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

スケーリング [カナダ]

ここカナダでは歯の治療には結構費用がかかる。
健康保険での費用のカバーがなく、別途勤め先で歯科保険に入っていると治療費の80%をカバーしてもらえる。
そして、かかりつけの歯医者から1年に一度勤め先の保険が適用されるのでスケーリング受けるように何度も進められ、1年半ぶりに歯のスケーリング受けた。

スケーリングは日本や韓国とは違って、丹念に歯茎の部分に付着した歯石をいろんな機材を駆使して取り除く。これが時にはとても痛い。
口の中に唾液除去用のホースがあり、痛いことを合図することもできない。黙々と歯科衛生士の方はどんどん作業を進める。

合間を見つけて、歯石ができる原因、なぜこんなにいたいのかと質問をした。

それは歯石が歯茎と接する歯に付着し、歯茎に炎症を起こしているから。
一度歯茎の歯石を取り除くと、炎症も治まり、いい歯茎を保つことができると。そして、普段も歯と歯茎の間を特別な糸で掃除をするようにといわれる。

そして、歯石はどうしてできるかと聞くと、口の中にあるバクテリアの死骸と口内から分泌される液の中に含まれているカルシュームが結合に石化したものだという。
今日まで、食べかすが付着していたと思っていたがびっくり。

歯科衛生士さんに一つ伝えたいことがある。
スケーリングを始める前に、痛いときは手で合図しますので、やさしくしてください。と1年後には必ずいおう。

ちなみに今日の自己負担スケーリング費用は45カナダドル。2割なので、実際の費用は235ドルほどかかっている。
nice!(0)  コメント(0) 

100歳の信者さん [教会]

シニアケアー施設に住んでいらっしゃる100歳の信徒の方を訪問する。
席を譲ってくださろうとなさる。
わたしはどんなに偉いひとなのか?
100歳の方に席を譲ってくださろうとするとは?

いや、その方こそ、偉いのである。
お年を召しても、ご自身の息子より若いわたしのようなものを大切に思う心を
おもちなんだから。
nice!(0)  コメント(0) 

盗難 [教会]

先日火曜日のこと

教会で聖書を読む会後、
教会の玄関入り口付近の通路の修繕作業を行った後、事務所に戻ると異変に気づく。

作業用パソコンがなくなっていてたのである。
以前、家の駐車場を荒らされた時、紛失したものをとどけるにも具体的にシリアルナンバー写真などがいるので、警察に電話をする前に情報を探すのに2時間ほどつやした。

警察に届けると、次の日警官がきたので、いろいろ情報を提供した。

わたしが、外で作業している間、裏門から誰かが入ってきたのである。
教会でなくなったものがないか調べたところ、
先週礼拝用に買ったワイン6本も亡くなっていた。
よっぽど酒が飲みたかったのだろうか?

どのようにして運んだのだろうか?
どのようにして、鍵のかかった部屋に入ったのだろうか?

後に、教会を一緒に使っている教会の牧師さんより使っていたギターがなくなったという。

しばらくの間、ショックをつづく。
nice!(0)  コメント(0) 

書くことをもう一度 [つぶやき]

昨日日本の知人より本が送られたきた。
This is My Life.
ご自身の寄稿を集めた本である。

その本を読み始めて、自分ももう一度文書を書き始めようと思う。

これまでの経験、今、そして、今後に向けて。
nice!(0)  コメント(0) 

聖公会 バンクーバー 教会 聖十字教会 성공회 캐나다 벤쿠버 성십자가 교회 Vancouver [教会]

聖公会聖十字教会Holy Cross Japanese Canadian Anglican Church, 성공회 성십자가교회 Vancouver
ここをクリックすると ホームページに 移動します。https://www.facebook.com/hcjcac
교회사진.jpg
https://www.facebook.com/hcjcac

教会看板.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

明日の説教 [教会]

明日は、カナダの聖十字教会での始めての礼拝の説教と司式をする。

話をするために、いろいろ準備をしているが、まとまらない。英語日本語でどのように話すのだろうか。

韓国では普段説教をするとき、原稿を特に作っていない。

英語でするとなると、書くだけで緊張する。

明日の祈祷と聖書の箇所も英語と日本語両方を比較したときに、

日本語の祈りの方は神様に叫び求める民を慈しみ、その祈りを受け入れてください。
また、行うことと悟る知恵と、それを忠実に成し遂げる恵みと力をお与えくださいという祈りである。
英語に訳してみると、
Lord, Please give mercy to the people who cry and ask saving. And please recieve thire prayer. Please give us wisdom that realize what we should have to done. Through Jesus christ our Lord.

という感じになる。
でも、自信がない。

Jananese prayer remind me about Exodus Chapter 3. the situation Moses met the God. And God said to Moses ' I have certainly seen the affliction of My People who 'are' in Egypt and their cry I have heard, because of its exactors, for I have Know its pains.

At that time God listen to people's cry. So it also remind me and the people of God to work with God.
How to work.

At the Reading from Isaiah God can make people to weak and strong. He is a creater of whole earth. He make his people to run and not be weary, shall work and not faint.

At Gospel of today Jesus healed simon's mother in law who had a fever. And Jesus came and took her her by the hand and lifted her up. Then the fever left her, and she began to serve them. when I read the bible that my wife bought it from Korea and written in English that version is New American Bible. It transrated to serve to ministerd. The word Minister reming us we are invited to minister to other not only paster.

The Holy cross member are the one who like simon's mother and the person who were healed. And to share the gospel of the Lord to the people who around us and to sended other like Jesus and with Jesus.

From First letter of Paul to the Corintians Paul said I do it all for the sake of the Gospel, so that I may share in its blessing. The Paul's blessing was He met Jesus when he was going to persucute the people who belive in Christ. Even us also has own expierince to met Load and he came and took us by the hand and has lifted us up.

So he make us to serve and ministerd people.

Today we remind the thing what Jesus has done for us. and remind our selves are called minister and servant to heal and proclaming the message and casting our Demon together.

We are sended to earth and We may share in its blessing.
nice!(0)  コメント(0) 

何年ぶりに

何年ぶりにごのブログを更新します。


nice!(0)  コメント(2) 

사진100528_43.jpg사진100528_26.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

放火事件 [お話]

日曜の礼拝後、

次男、三男と妻の実家の田舎へ。

田舎には、焼却炉があって、

ゴミを焼却できる。

子ども達は、真っ先に行って、ゴミに火をつけ、

そこらへんで、木の枝を拾っては燃やしまわっていた。

妻の母親、彼らのおばあちゃんは、

焼却炉の傍に、ワラをつんであるので、

火遊びをするなと言われる。


だ。け。ど。

最近言うことを聞かないドラ息子達は

かまわず火で遊んでいた。

我輩も小さい頃、火遊びが好きだった。



義理の母とわたしは、鉢の植え替えをしていた。


真っ青になった三男の登場。[m:57][m:246]


大変なことが起こったといいながらも、

祖母を恐れている。



行って見ると、

焼却炉の傍にあった、


ワラの山に火が移り、燃え上がっていた。[m:77]

春日部ファイヤーだ。


息子におばあさんに早くいうように伝え、

水をくんで来て、消すように指示。

祖母が行った時、開いた口は閉まらない。


何とか、火を消した。

子ども達は田んぼの水をくんで消したりして、

泥だらけ、、


写真を写せなかったのがマコトに残念。

人事だったら写真を撮るのだが、

写真なんかとってたら、義理の母に。。。。





子ども達に祖母にあやまるようにいう。


祖母は黙々と食事を作り、


食卓を整え、


食前の祈りをささげる。


今日の日曜日を主に礼拝をささげられたことを感謝し、

子ども達が大変な経験をしたことによって、

見えないものが見れるように知恵を与えてください。

その言葉に次男は、緊張が途切れたのか、泣き始める。[m:55]

子ども達を祝福してあげる。

そして、来る五日は子どもの日なので、

お小遣いまで与えた。



こどもたちは大切な経験をした。


たぶん、このワラ火事の出来事は、

彼らにとって大きな思い出になるだろう。

nice!(0)  コメント(0) 

利己心と利他心 [病院]

今日は定期診察日。

先生とのカウンセリングの中で、

利己心と利他心のバランスをあわすことについて話した。

人のことを思う、心配する利他心を優先しすぎて、自分のこと(利己心)ができなくなってしまう。

自分のことを、自分のやる優先順位を、人との関係で、バランスよく取次ぎができなくなってしまうこともある。

自分のこと、人のことを大切にすることにおいて、バランスをうまく取れていないことを指摘された。


ことにわたしの場合は、自分のことを考えるより、人のことを思う気持ちが先立って、

自分を蔑ろにしてしまう傾向が、いまだに強い。

聖人に近いひとは、人のことを思う利他心が強くても、自分を蔑ろにならないが、

わたしは聖人ではないので、利他心に重さをおけば、

自分のことを蔑ろにしてしまい、そのことが、自分を責め、自分の自尊感を損ない、

その結果、自分への思いやり、人々への思いやりができなくなるということを

少し分かるようになった。

自分を表現する。利己心をもって自然にもてるよう、そして、両方の

バランスをとれるようにする訓練中。
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。